【全1日】10月13日(土) 東京 永井雄一郎のフットボールクリニック

  • 定価 ¥50,000(税別)
  • 販売価格 ¥20,000 (税別)
在庫 購入
在庫有り
【全1日】10月13日(土) 東京 永井雄一郎のフットボールクリニック はコメントを受け付けていません。

ただひたすらに走るのはもう止めた…
ただひたすらに鍛えるのももう止めた…


ただ…「早く」動くために。


もしあなたが、早く動けるようになると、自然と速く動けるようになります。

足が速いだけの選手が活躍できるのは中高生まで。それ以上は足が速くても活躍できません。
実際に、陸上の短距離走で名を挙げた選手でも、サッカーと言う競技になるとその能力では生き残れず、競技転向出来ていないのがその証拠です。


早く動いている人にはある特徴があります。
そして、それが世界のトップレベルとの大きな差の一つと言えます。
もしあなたが、この特徴を体得できるようになると、世界でも通用するレベルの選手になることができます。

 

◆講義内容◆

・「速さ」と「早さ」の違い
・早く動くための条件
・世界の代表選手と日本代表選手の致命的な差
・ボール操作がスムーズになるトレーニング法
・早く動くための育成指導法
*講座の内容は多少変更することがございます*

 

◆日時◆

全1日間
2018年
10月13日(土)
10:00~16:00

 

◆対象◆

・現役サッカー選手(プロアマ問わず)
・現役スポーツトレーナー、スポーツトレーナーになりたい方
・各施術国家資格保持者、整体等各セラピスト
・サッカーに限らずスポーツ競技のパフォーマンスを上げたい方


*やる気のある方であれば、全くの未経験でもきちんと上達できるようにカリキュラムを組んでいます*

 

◆会場◆

東京都区内施設
*会場が決まり次第参加者にご連絡いたします。

 

◆定員◆

30名(先着順)

 

◆価格◆

50,000円(税抜)のところ、
初回に限り20,000円(税抜)
*今後値上がりしてしまうので、お早めにお申込みください。

 

◆お持ち物◆

・動きやすい服装
・筆記用具

 

◆講師◆


永井雄一郎

小学生から高校生まで三菱養和SCでプレーする。
1997年三菱養和から浦和レッドダイヤモンズに入団。
1999年U-20日本代表のFWの主軸としてナイジェリアで開催されたワールドユース準優勝に貢献。
2003年にはミスターレッズとして愛された福田正博から背番号『9』を引き継ぐ。日本代表にも選出され、初キャップ・初ゴールを記録。
また、フランスで行なわれたコンフェデレーションズカップにも出場。2007年に行なわれたアジアチャンピオンズリーグで浦和の優勝に大きく貢献すると共に、大会MVPにも選出された。


出身地:東京都
生年月日:1979年2月14日生まれ
身長:184cm
体重:77kg
ポジション:FW(フォワード)
所属経歴:浦和レッズ(J1)~カールスルーエSC(ドイツ)~浦和レッズ(J1)~清水エスパルス(J1)~横浜FC(J2)~アルテリーヴォ和歌山 ~ザスパクサツ群馬(J2)~FIFTY CLUB(神奈川県1部)

戦績
[国際大会]
1997年FIFAワールドユース マレーシア大会 ベスト8
1999年FIFAワールドユース ナイジェリア大会 準優勝
FIFAコンフェデレーションズカップ2003 フランス大会 出場
AFCチャンピオンズリーグ2007 (優勝)
AFCチャンピオンズリーグ2008 出場
[個人タイトル]
AFCチャンピオンズリーグ2007 大会最優秀選手賞(MVP)


[J1通算385試合出場71得点]
[J2通算96試合16得点]
[国際Aマッチ通算4試合1得点]

 

◆スクールへの思い◆

サッカー選手として、プレーし続ける限り、常日頃から純粋にパフォーマンスを上げていきたいという想いがあります。

今回、「大怪我」をきっかけに、これまで以上に自分と向き合う時間がありました。

コンディションやパフォーマンスについて、
自分のプレースタイルの特徴や周りに求められるプレー、サッカー感などを思い返してみました。その中でドリブルに必要な柔軟性やキレというものが今の自分には足りないのではないかと感じるようになりました。年齢とともにキレが失われた部分はもちろんありますし、またトレーニングで表面的の大きな筋肉をつけすぎた結果、自分の柔軟性が失われ、本来できていたものができなくなった部分も感じるので、そういう身体の部分を見つめ直しました。

このクリニックでは、自分が体現してきたことを、理論的に分析することで、「感覚」を可視化し、より効率的なトレーニングをしながらパフォーマンスを上げて行く為のクリニックと思って頂ければ嬉しいです。

自分の今までの経験の共有と、永井雄一郎というサッカー選手を例に皆さんと一緒にパフォーマンス向上について考えていきたいですし、もちろん一番は、自分自身のパフォーマンスを向上させるのを目標にしていきたいと思います。

close

閉じる

閉じる